化粧品通販なら「コスメお試し隊」クチコミで人気のコスメを写真つきでレビュー > 化粧品の全成分を徹底分析!話題のあのコスメは安全なの? > Coyoriオリエンタルディープオイルの成分、効果について調べて分析!

Coyoriオリエンタルディープオイルの成分、効果について調べて分析!

Coyori

オリエンタルディープオイル

coyori.gif

【シワたるみに集中ケア】のCoyoriオリエンタルディープオイルのキャンペーン・詳細を今すぐチェック

◆オススメ度…★★☆☆☆

◆リスク…▲▲▲△△

  • 肌荒れリスク…低
  • 乾燥リスク…
  • 刺激リスク…低

乳液、クリーム、美容液、3役の機能を兼ね備えた植物由来のオイル。肌に刺激を与えると考えられる合成香料・石油系鉱物油・タール系色素・石油系界面活性剤を一切添加していません

加齢によって肌から失われる皮脂を自然に補い、肌の保水力を取り戻させてくれます。肌への優しさや浸透のしやすさを考えると一瞬抵抗を感じる「オイル」という成分ですが、メーカーのこだわりによってさらりとした手触りと浸透力、そして「酸化」のリスクを取り除いた安全性を実現しています。

(一般的な油は空気に触れることによって酸化し、酸化した油は肌に悪影響を及ぼすと考えられています。)

◆どの肌質向き?

  • 乾燥肌・普通肌

◆使用感…★★★☆☆

  • 肌へのやさしさ…B
  • 浸透性…B
  • うるおい…C

(A>B>Cの三段階評価。A=よい B=まあまあ C=わるい)

オイルと水分が二層に分かれており、よく振って混ぜてから使うタイプ。オイルでありながらべたっとせず、さらりとした感触。いつまでも肌に残ってしまう心配はありません。

1度に使う量は4〜5滴となっていますが、乾燥肌の方や季節によっては6〜7滴程度は必要。たっぷり使ってしまうとやはりオイルの重さが気にあり、ちょっと調整が難しいところです。

適度な量がわかれば広げやすく肌を擦る心配もありませんが、オイルを使う前に化粧水でかなりしっかりと肌を潤わせておく必要があります。

やはり「水分を逃がさない」というのがオイルの役目であり、もともと水分が少ない状態では逆に乾燥してしまうように感じました。

合成の香料は使用していないということですが、天然の成分でうっすらとラベンダーのような香りがするのはケアが楽しくなりますし、ふんわりと癒されますね。

【シワたるみに集中ケア】のCoyoriオリエンタルディープオイルのキャンペーン・詳細を今すぐチェック

◆コストパフォーマンス…★☆☆☆☆

オリエンタルディープオイル スクワラン
内容量20ml30ml
値段4,500円2,625円
1回あたり225円87.5円

肌にもともと存在する成分、スクワランを99.9%という高純度で含んだハーバーの「スクワラン」と比較。酸化や油焼けの心配がないという点ではオリエンタルディープオイルと同じく安心して使用することができます

スクワランが成分としてスクワランのみの商品であるのに対し、オリエンタルディープオイルは4種の植物オイルと20種類の漢植物エキス(漢方薬として使用され、人体のバランスを整えたり各種の症状を和らげる効果があるとされる植物から抽出したエッセンスのこと)を配合。

原材料やそれらの配合率の研究費などを考えても、ある程度高価になってしまうのは納得できます

メーカーの言葉通り20mlを1ヶ月朝晩使うとして、1回当たり0,33mlで、金額にすると74円。しかし、20mlでは1ヶ月持たず、1回当たりの使用量はメーカー奨励する量よりも多くなってしまっています。

乾燥する時期は使用量がさらに増えますし、場合によってはクリームなどをプラスする必要もあり。 以上を考えると、コストパフォーマンスがよいとは言えないでしょう。

宣伝通りであれば「乳液・クリーム・美容液」の分がひとつにまとまるということでコストパフォーマンスの良さを期待してしまうところなので、期待値が高くなる分ちょっと残念です。


使ってみての感想、効果

やはりオイルということで乾燥しやすい部分がどう潤うかを期待しましたが、期待通りの感触は得られませんでした。しかし、オイルであってもべたつかず、さらっとしていることは高く評価したいと思います。

機能としては、さらっとしている分保湿性も高いものではなくなってしまっているようには感じられます。また、塗りたては液のオイルと水分がうまく肌に残ってくれていますが、時間が経つにつれて水分が蒸発し、肌がつっぱる感触があります。

オイルだからといってニキビが出来るというようなこともありませんでしたが、潤いが増した、ほうれい線が消えたなどの効果は見られませんでした。

せっかくたくさんの植物エキスが配合されているので実感したいところですが、やはり保湿力の高さを感じられないと次のステップ(きめ細かくなった、つるつるになったなど)の感想を得られる状態にはならないようです。

オイルタイプを好む方には、夏も使えるオイルということで重宝するかもしれません。肌質重視というよりは、使用感を重視して選ばれるものかと思います。

【シワたるみに集中ケア】のCoyoriオリエンタルディープオイルのキャンペーン・詳細を今すぐチェック

総評

加齢による皮脂量の低下に注目し、油分を補ってくれるオイルということで乾燥肌には期待が高まりますが、「オイルの割には水分が逃げてしまう感じがする」というのが正直なところ。

かといって量を増やせばオイルの重さだけが残ってしまうので、事前に使う化粧水の量や保湿性にも関係してしまうように思います。それなりの化粧水を選んだ上でこちらのオイルを使用すれば、効果も高まるでしょう。

使用量はやはり4〜5滴では不足します。 量を増やすとやはりそこはオイルなのでべたつきも増します。自分の皮脂がどれだけ分泌されるのかということや、化粧水とのバランスも考えて使用量を決定するべきでしょう。

しかし、やはりお値段が気になるので、いつでも自由に使うという化粧品ではありませんし、時々使うスペシャルケアとしては不十分です。(金額についてはスペシャルケア扱いになるかもしれません。)

この金額と効果であれば他のオイル、あるいはオイルにこだわらなくても別のものでよいのではないかと思います。

オイルのメリットを生かしきれておらず、化粧水後にこれひとつで済むと言い切るには保湿機能が足りないと思われます。残念ながら肌が引き締まる効果やハリは感じられません。

クリームなどと異なる点はおそらく、界面活性剤を多く使用していない点ですので(クリームは水と油を混ぜたまま安定させておくために界面活性剤を使用しており、この界面活性剤が肌バリアを壊して肌細胞を傷つけてしまう原因だと考えられています)、肌にダメージを与えないという点では評価が高いのですが、乾燥してしまえば結果的には同じように肌がダメージをうけてしまいます。

ただし、べたっとしない=肌の上に残らない=しっかり浸透している、ゆえに、肌の上に残ったオイルに紫外線が集中して油焼けを起すといった心配がないという安心感はあります。

せっかくよい面もあるので、オイルにこだわるユーザーがオイルの良さ(絶対的に乾燥しない、パック機能がある、薄く伸びて圧迫感がない、など)を実感できるような商品開発を期待したいものです。


【シワたるみに集中ケア】のCoyoriオリエンタルディープオイルのキャンペーン・詳細を今すぐチェック

成分分析

4種のオイルを配合(オリーブ油、ツバキ油、ユズ種子油、コメ胚芽油)、それぞれ肌に対して保湿効果や抗酸化作用、きめ細かさを作り出す効果などが期待されるものです。

どんなオイルであっても言えることですが、種類よりは「どれだけしっかり精製されているか」(不純物等を取り除き、純粋なオイルに仕上げているか)ということが大切になります。

「油焼けしない」「酸化しない」と謳っているのであれば、この精製の度合いが高いことになり、肌に対しても悪影響を及ぼさないものと考えられます。

また、ラベンダー油も含まれていますが、これは天然の香料として配合されていると考えられています。

その他、20種類の植物エキス(アロエベラ葉水、ガノデルマアンボイネンエキス、カンゾウ根エキス、ショウガ根エキス、オタネニンジン根エキス、トウキ根エキス、ハス胚芽エキス、ヨクイニンエキス、ザクロエキス、カワラヨモギエキス、アケビ茎エキス、カッコンエキス、加水分解ダイズエキス、褐藻エキス、コムギ胚芽エキス、コメヌカエキス、ユズ種子エキス、ユズ果実エキスなど)を配合。

界面活性剤や合成ポリマーに属するものも配合されているものの、植物由来成分か医薬部外品の原料としても使用される成分であり、アレルギー等がなければ大変安全に使い続けることができる化粧品です。

保存料としてエタノール、フェノキシエタノールが配合されていますので、敏感肌の場合には注意が必要になります。

【シワたるみに集中ケア】のCoyoriオリエンタルディープオイルのキャンペーン・詳細を今すぐチェック

基本情報

商品説明

皮脂を補い、肌にハリと潤いを与える美容液オイル。日本女性の皮脂に近づくよう、4種の植物オイルを厳選配合。不足しがちな皮脂を補い肌の潤いを閉じ込めます。さらに20種類もの漢植物エキスが、肌にハリと潤いを与えるから、シワ・たるみの気にならない若見え肌へと導きます。

全成分

水、オリーブ油、グリセリン、PEG/PPG/ポリブチレングリコール−8/5/3グリセリン、ペンチレングリコール、ツバキ油、ユズ種子油、コメ胚芽油、アロエベラ葉水、ガノデルマアンボイネンエキス、カンゾウ根エキス、ショウガ根エキス、オタネニンジン根エキス、トウキ根エキス、ハス胚芽エキス、ヨクイニンエキス、ザクロエキス、カワラヨモギエキス、アケビ茎エキス、カッコンエキス、加水分解ダイズエキス、褐藻エキス、コムギ胚芽エキス、コメヌカエキス、ユズ種子エキス、ユズ果実エキス、ローヤルゼリーエキス、チューベロース多糖体、ラベンダー油、トコフェロール、ラウリン酸PEG−10、BG、カプリリルグリコール、1,2BG−ヘキサジオール、塩化Na、クエン酸Na、エタノール、フェキシエタノール

【シワたるみに集中ケア】のCoyoriオリエンタルディープオイルのキャンペーン・詳細を今すぐチェック

最後まで読んでくれてありがにゃあ!
 

あなたが知りたいことを教えて下さい

この解説&体験談はいかがでしたか?

あなたがさらに詳しく知りたいことや「こんな特集を組んで欲しい」といったご意見がありましたら、下記から私たちに知らせてください。



化粧品の全成分を徹底分析!話題のあのコスメは安全なの?